Combining multiple RF VENUE keeps wireless audio on the air for unique bay-area event space ,family farm

  2022年1月20日、アメリカ マサチューセッツ州アシュランド ー サンフランシスコに拠点を置く120年の歴史を持つ友愛団体「ファミ リー」の人里離れたパフォーマンス会場が「ファミリー・ファーム」です。

  「ファミリー」はチャリティーのスポンサーとなり、慈善事業や その他のイベントを開催しています。中でも毎年行われる「フライト・プレイ」は、クラブのメンバーが脚本を書いてパフォーマンスを行い ます。

  これらの公演は、サンフランシスコから南へ10マイルほど行ったパロアルトの郊外にあるファミリー・ファームという会場で行われ ます。ここは自然保護区の端にあるのどかな場所ですが、この10年間でRFスペクトルが大幅に減少していることを考えると、その影響は避 けられません。

  FCCは、従来モバイル機器に使われていたUHFとVHFの周波数帯の多くをオークションにかけているため、劇場公演用のワ イヤレスマイクに使える周波数帯が制限されているのです。

FCCとは Federal Communication Commissionの略です。

アメリカ合衆国の米国連邦通信委員会の事で、通信・電波の規制を行う連邦政府機関です。

周波数の割り当て、無線機器/電子機器の規制を行います。

Coral Canopy社(映画、テレビ、コンサート、演劇、オーケストラ、コーラスのサウンドデザインとシステムインテグレーションを行うマルチメディアプロダクション)の代表のAlan Chang氏は、昨年のFLight Playを前にファミリーファームでのワイヤレスプランニングを行おうとした 際、この問題に直面しました。

「毎年夏に行われるこのショーは、歴史的な背景を持つミュージカルで、20~40人のキャストが出演します」と、 かつて自身が設立した非営利の自然保護団体の名前を会社名にしたChang氏は説明してくれました。

「今年は336チャンネルのワイヤレス マイクと2つのバックアップチャンネルを使用しました。今のような厳しい周波数環境では、これは大きなチャレンジです」。

幸いなことに、この課題はRF VENUE社のソリューションの助けを借りて解決することができました。Chang氏は、RF VENUE社のDiversity Fin アンテナを10年前から使用しており、ベータ版製品のころから使用していたと言います。「テレビから劇場、コンサートに至るまで、幅広い イベントに導入してきましたが、結果は常に素晴らしいものでした」と述べています。

「しかし、スペクトラム環境が厳しくなった今年、本 当に大きな違いを生んだのは、RF VENUE 4ZONEアクティブアンテナコンバイナーでした。4ZONEはステージ近くに設置され、A/Bアンテナ ペアをコンバインしてシグナルをワイヤレスレシーバーのあるメインラックに送り込みました。

RF VENUE Spotlight オムニ・フロアパッド・ア ンテナをステージ上に設置し、ステージ上手にD-FINを1つ、ステージ下手にD-FINをもう1つ使用しました。これは素晴らしいシステムの組み 合わせでした。

さらに、Coral CanopyのLectrosonicsのワイヤレスシステムのパフォーマンス監視をフォローするために、RF VENUEの RF VENUEのRF Explorer Pro EditionハンドヘルドRFアナライザーを使用しました。

ワイヤレス・ボディパックを装着したパフォーマーは、ステージ上で背を向け、ワイヤレス受信機の見通しラインから外れることが多く、ド ロップアウトが発生しやすいとChang氏は説明します。

「4ZONEとRF Spotlightの組み合わせで、パフォーマーがステージ前方を向いていて も、ステージ全体を完全にカバーすることができました。Chang氏は4ZONEのチャンネル別RFアッテネーターは31dB単位で調整できるので、 各アンテナのゲインを調整してオーバーラップを最小にすることができることを強調してくれました。

そして、RF VENUEのテクノロジーは、 スペックシートに書かれていること以外にも良い影響を及ぼしたと次のように説明してくれました。カバレージが非常に完璧なので、ショー のFOHミキサーはパフォーマンス中、ドロップアウトを全く気にすることなく、ミックスに集中することができました。

”RF VENUEの機材は とにかく良く機能し、使い勝手がよく、信頼できる製品です。これこそ、ワイヤレスアンテナソリューションに求められるすべてです。